食のそよ風から国産プレミアムとプチデリカを食べ比べ

今回,ユニマットの冷凍弁当である「食のそよ風」から,プチデリカと国産プレミアムという2つのラインナップを注文したので,それらを食べ比べた結果について報告したいと思います。

値段が高くなるからと言って必ずしもおいしくなるわけではありませんが,1食あたり426.6円のプチデリカに対し,値段にして1.6倍以上する国産プレミアムですから,料金に匹敵するくらい味に違いがあるのかについては,やはり気になってしまうものです。

毎日代わりばんこに食べながら,両者の味の違いを意識してレビューしていきましょう!

食のそよ風について

食のそよ風のラインナップ

まずは「食のそよ風」について説明させていただきますと,こちらは,飲食・健康・美容などの事業を手掛けるユニマットグループによる食事宅配サービスです↓↓

公式サイト

形態としては冷凍弁当に当たり,クール便でまとめて届けてもらえます。

管理栄養士の方が開発したメニューなので,1食あたりのタンパク質・脂質・炭水化物のバランスが考えられているのは,名のある弁当に限らず名のある食材宅配サービスとも共通で,あとは味についてだけが自己判断にゆだねられるわけです。

食のそよ風のラインナップは全部で3つあり,料金もそれぞれ異なっているのでまとめて紹介しますと,

  • プチデリカ=おいしさと値段を考えたセットで全30種類。10食4,266円
  • 国産プレミアム=厳選された国産の素材のみを使ったおかずが全30種類。10食6,998円
  • そよ風のやさしい食感=噛む力や飲み込む力が気になる方向けの全20種。10食6,696円

のようになります。

支払う料金としてはこれに送料がかかり,1回の注文量が20食までであれば毎回980円)です。

クール便で届く冷凍弁当は送料が高くついてしまうもので,どのサービスを利用していても毎回残念に思うのは事実ですが,最近は宅配便の料金自体も上がっていますし,やむを得ないのも理解はできます。

とはいえ,食のそよ風では「定期購入」することができ,最低6回の利用が条件ですが,送料が無料になる特典があるわけです。

連続になるのでなければスキップすることも可能ですので,まずは試しで味を見て,気に入って利用を決めた暁には,是非定期購入も検討してみてください。

今回は,上記ラインナップのうち,最初の2つを注文してみました。

次章からそれぞれの味についてレビューし,最後に比較した内容をまとめましょう!

 

プチデリカについて

今回レビューするメニュー

豆鼓香る回鍋肉・鯖の味噌煮・牛肉のおろしポン酢がけ・豚肉の生姜煮・鶏肉の香味ねぎソース

プチデリカのメニュー1

サイズとしてはやや小ぶりな印象を受けましたが,ご飯がついていないおかずとしては,量的に物足りないこともなく,実際私はご飯も別に食べることなく,1食とすることも多かったです。

  • 豆鼓香る回鍋肉は大変にスパイシーです。対照的に甘い味噌味をしたおからがそれを際立たせます。副菜のツナと卵は濃厚で,マヨ和えがまるでチーズのような深い味わいで特に好みの味でした。
  • 揚げ茄子のトマトソースがけ鯖の味噌煮は厚みがあってやわらかで,骨もなく良い味をしています。付け合わせのネギも臭みがなくておいしかったです。ツナとコーンの白和えは甘め。揚げ茄子はかかったトマトソースの酸味でさっぱりと食べられました。

プチデリカのメニュー2

  • 牛肉のおろしポン酢がけはご飯を一緒に食べたくなります。おくらの胡麻和えは柚子風味でおいしいです。
  • 鶏肉は香味ねぎソースのせいか味がしっかりとついています。高野豆腐はダシを吸っておいしいだけでなく,独特の食感がくせになる味。人参ナムルはもやしやキクラゲにより,シャキッとしつつコリッとして,酸味のきいた味が特徴です。
  • 豚の生姜煮ですが,想像と違って薄味です。ワカメときのこのたらこ和えが濃厚なので,この2つを行き来することで味の変化を楽しめました。肉の量は多めで,春雨は素材の味がしっかりとわかるものでした。

 

国産プレミアムについて

今回レビューするメニュー

ブリの白味噌がけ・あふれるマヨマスタードの鶏唐揚げ・豚肉と根菜のやわらか旨煮・サバの南蛮漬け・回鍋肉

黒い袋からはなんとなく高級感が伝わりますが,特にサイズが大きくなるわけではありません。

国産プレミアムのメニュー1

  • 鰤の白味噌がけは普段あまり食べない味です。しっかりと厚みのある鰤は大変にジューシーで,後に皮すら残りませんでした。こんにゃくとちくわのピリ辛炒めは味が染みていて,素材の味をしかと感じ取ることができました。
  • 鶏の唐揚げをレンジでチンするのはどうかと思いましたが,硬いかたまりが出来上がってくることはありません。かかっていたクリーミーなマヨマスタードは深い味わいで,最後まで飽きずに食べ切れました。いんげんとしめじの生姜和えではかまぼこも入ってタンパク質量を底上げしており,切り干し大根の炒め煮は味が染みています。

国産プレミアムのメニュー2

  • 豚肉と根菜のやわらか旨煮はその名の通り,1つ1つの食材の味がうまいです。肉も噛み応えがあり,うまみが溢れてきます。高野豆腐は崩れずにしっかりと形を保持していて,上品な味の餡とうまく絡んでいました。
  • 鯖の南蛮漬けはメインにふさわしい一品。甘辛のたれが食欲をそそり,身もやわらかです。ほうれん草とカニ風味かまぼこの和え物はあっさりで,ほうれん草の食感がよく,繊維が残りません。麹の煮物は味が染みて濃厚。
  • 回鍋肉はプチデリカのものとまた別の味で,今までに味わったことのない不思議な味です。トマトは使っていないのに,みりん風調味料のせいでしょうか,大変おいしくいただきました。すっと肉は切れます。ひじきの炒め煮は素材の味がよくわかり,ごま和えのやさしい味わいに癒されました。

 

まとめ

鯖の味噌煮

以上,食のそよ風から,プチデリカと国産プレミアムのいくつかをレビューしてきました。

冷凍弁当でレンジでチンするわけですが,特に硬い仕上がりになるようなものはなく,肉類はどれもやわらかいのが印象的でした。

食べた際に「おいしい!」と感じる度合いで言うと,明らかに国産プレミアムの方に軍配が上がり,プチデリカのメニューによっては「まぁ普通」と思えるものもありました(豚肉の生姜煮の日)。

とはいえ,今回紹介した10食の中では,プチデリカの鯖の味噌煮が一番好みなので,優等生だからといって一番になれるとは限らないところが不思議ですね。

また,量的な満足度にラインナップ間で違いはなく,ご飯は50g程度(84kcal)足せば十分でしょう。

コスパに優れるのは圧倒的にプチデリカの方です。

なお,カロリーはどれも200kcal程度と低く,最低は112kcalの牛肉のおろしポン酢がけで,最高は鯖の味噌煮の284kcalでした。

ダイエット食ではないですが,食べすぎが気になる翌週にでもまた注文したいと思います。

食のそよ風にはそのラインナップもお試しセットがあり,半分の5食セットで注文することができますので,好みのものが見つかるまでは色々食べ比べてみるのがおすすめです↓↓

詳しくはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

-冷凍弁当

管理人も愛用中!

BASE FOOD

私の朝はこれがないと始まりません。使い方はアレンジしていて,本来は2袋食べるべきところを半分にして,具材であったり,サラダやスープだったりで補っています。とりあえず栄養素のベースが維持できる点が心強く,もう1年以上利用していますが,いまだに飽きることはありません!

ヨシケイ

私は昼が適当なので,夜はしっかりしたものを食べることにしています。とはいえ,調理に時間がかかるのは面倒なので,時短できるカットミールかプチママ,またはラビュクイックがお気に入りです。週ごとに,気に入った献立のものを選択しています。

野菜をMotto!!

最初は野菜不足対策にと始めたカップスープでしたが,栄養が取れる以上に味がおいしかったので,朝か昼のお供に定期的に利用するようになりました。ボルシチとクラムチャウダーは万人にウケる味です。